Keiko's cooking mind ~ L'essential est invisible pour les yeux. morris2017kitchen.exblog.jp

キッチンスタッフ Keiko からの季節のおたより~Kyoto Morris Hostel


by keiko2017morris
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

おはようございます
キッチンのKeikoです。

この日曜日は
友人が京都に来ているので
日曜日のキッチン分の仕込みを
前日に頑張って
(試作のおからメニューなど)
本日はお休みをいただき
小京都へ友人を案内してまいりました。

小さな小さな神社ですが
七五三まいりのご家族連れなどを見かけ
ほのぼのとした時間を過ごすことができました。
季節のうつろいを
紅葉の色づき加減で感じることができる
この秋の一日を
貴重な時間としてとてもありがたく思いました。

d0380390_01094216.jpg
d0380390_01074227.jpg
d0380390_01150859.jpg
d0380390_01162369.jpg
d0380390_01051238.jpg
実はこの紅葉を観たのは母が静養中の亀岡にある「鍬山神社」です。
小さいけれど由緒正しき神様がいらっしゃいます。


そんな時に
「今日のグラタンも最高でした!」
って、メッセージがモーリスファンの友達から入ってきて
あ~昨日も食べに来てくれてたんだ~♩
頑張って一生懸命
いっぱい作っておいてよかったな~
って思いました。

いつも応援していただいて
皆様
本当にありがとうございます♪

実は昨夜もモーリスに帰ってきて
お正月のお雑煮の試作をしていました。

今年は準備不足とは言えない状況なので
さらに喜んでいただける年末年始を考えております。

どうぞ皆様
クリスマスも
お正月も
どうぞモーリスモーニングに
お越しくださいませ。

スタッフ一同
最善を尽くして
お待ち申し上げております。。。

[PR]
by kokoro2017morris | 2018-11-19 01:29 | 季節の風 | Comments(0)
先日の
ハロウインイベント以来
お客様のリクエストにお応えして
グラタンをお作りするようになりました。

寒い季節には
温かいお食事を!

今日もモーリスモーニングで
お待ちしておりますね。。。
d0380390_00272522.jpg

今日もイイ感じに焼きあがりました♪




[PR]
by kokoro2017morris | 2018-11-17 08:15 | 今日のモーリス | Comments(0)
本日10月27日土曜日は
ハロウインモーニング1日目♬

さあてどんなメニューをお出ししようかな~?
って考えに考え・・・

パティシエ セバスチャンは「パンプキンプリン」
d0380390_17591293.jpg
私は前夜から準備をはじめた
・「パンプキンスープ」
・「かぼちゃサラダ」
・「かぼちゃグラタン」
を新しく提供させていただきました。

早朝はご出発されるお客様が多くて
お料理写真を撮影しているヒマがほぼありません。

そんな中で
少しだけ残った画像がこちらです。
ベシャメルソースから丁寧に作らせていただきました。
d0380390_17584225.jpg
d0380390_17585953.jpg
d0380390_17581913.jpg

私はミルクが大好きなので
こういうホワイトソース系のお料理が大好きです。
これから寒くなる季節に
ホッとしていただけるあったか料理
いいですね。

おかげさまで
かぼちゃスープも
かぼちゃグラタンも
あっという間に終了いたしました。

明日もきっと
お客様の笑顔に出逢えますように
楽しみにしております。

ナイトタイムは18:00~22:30
こちらもハロウインの
オリジナルカクテルがスタンバイ♪
できているようですよ~!
d0380390_18090107.jpg
ハロウインの仮装衣装で
ぜひお越しください♬


[PR]
by kokoro2017morris | 2018-10-27 18:20 | イベント情報 | Comments(0)

京都中央市場の食彩市

ご無沙汰しております。
キッチンのKeikoです。
母の入院からしばらく
お休みしてさせていただいておりました。

皆様お元気でいらっしゃいますか?

久しぶりにキッチンにたたせていただいて
お客様からお声をかけていただけるのは
とても嬉しいことですね。

本当に光栄です♪

今日も地下二階のマイキッチンをご利用されているお客様が
あまりにりっぱなお魚をお料理していらっしゃるので
d0380390_17092638.jpg
ノコノコおじゃまして教えていただきました。

「京都中央市場の食彩市」

皆さんご存知でしたか?
私・・・実は全然知りませんでした。

お客様は毎月中央市場に行かれるそうで
さすがお買い物上手!
画像の鯛のお頭は
d0380390_17220581.jpg
なんと250円だったそうです。

あら炊きにしたら最高!ですね♪

中央市場には
これまで行く機会がありませんでしたが
次回はぜひ仕事をお休みしてでも
参加してみたいものだと思っております。

食彩市はきっと美味しい食材の宝箱のような場所だと
思います。。。

http://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000236661.html

皆様もぜひ
モーリスにお泊りになられて
京都のお台所を見学されてみてください。

マイキッチンでお話がはずむのを
楽しみにしております。



[PR]
by kokoro2017morris | 2018-10-16 17:51 | イベント情報 | Comments(0)

週末のモーリス

週末になりますと
日頃、お忙しくされている方々が
ファミリーで
またはお一人で
お越しくださることが
と~ってもありがたくて
キッチンの中で私はいろいろと考えるのです。

きっとお客様の胃袋は
日頃のストレスで
お疲れなんだろうな~
とか

食べたくても
フルーツ一人前なんて買えないな~
なんて

・・・

そんなお客様に
今日だけは
安心して朝ごはんを召し上がっていただきたい!

だからこそ
いつもの定番メニューでさえ
d0380390_15211720.jpg
(お~黄金色のフレンチトースト。。。美しい~♪♪♪外はカリッと中はふわふわに~)
d0380390_15202367.jpg
ウインナーは一度ボイルして中の余分な脂は落としています。
この脂に化学物質の添加物(亜硝酸塩)が多く含まれているので。
d0380390_15250935.jpg
焼きサバ。。。外国の方には魚臭くてお嫌かもしれませんが
このサバも一度浸水して余分な脂を流し
お酒とレモン汁でしばらく浸しておいて
最終、塩をしてグリルで焼いております。
出来合いのものではございません。
なので担当者によって塩加減(あんばい「塩梅」)は日によって違います。
それって、良いことだと私は思います。
毎日、気温も湿度も違います。
それで同じものをいただくのは理にかなっていません。
暑い日は少々塩っ辛いもの
男の方は、少々塩かげんがからいものをお好みです。

そんな風に私は日によって時によって、味が変わることを
「OK」としております。

そこが手作りの良さです。
完成品をただ袋から出している食堂は
たぶんお客様に見破られます。
お客様の感性を私はそれくらい高く感じております。

だからこその週末
おにぎり
だったり
オジヤ(雑炊)だったり
d0380390_15194919.jpg
d0380390_15242308.jpg
フルーツサラダ(マチェドニア)だったり・・・。

私は
お客様の日頃
なにかがあっておつらいことも
ここへくれば
なんとな~く
楽になれたな~
って、感じていただきたい。。。

そんな気持ちで朝ご飯を作らせていただいております。

夏休みもひと段落したようですね。
今日は画像を撮影する余裕がありましたので
掲載させていただきました。

7時半からのオープンですが
旅立ちにどうしても早くしてほしいとおっしゃる方はどうぞ
お申し出くださいませ。
今日はなんとか7時過ぎに来店されたお客様に対応できましたが
おっしゃっていただきましたら
心の準備もできるというものです。

柔軟な対応をさせていただけるのが
ゲストハウスの利点だと
私は思います。

どうぞ旅のお供に
もっともっとモーリスをお役立てくださいませ。

皆様のお越しを
お待ちしております♪

[PR]
by kokoro2017morris | 2018-08-26 15:18 | Keikoのひとりごと | Comments(0)
来日していらっしゃる異国の皆様に
少しでも
日本を楽しく過ごしていただくための企画として
第一回 モーリスクッキングタイム
開催させていただきました。
d0380390_23372762.jpg
私がこれまで
祖母の代から語り伝えられてきた『食』に関する歴史は
いろいろございまして
それはそこに嫁いできた母によってさらに完璧なものになりました。

母は子供の頃 京都の建仁寺の庭を遊び場にする地域で生まれ
家に魚やさんを呼んで魚をさばいてもらうほどのお料理好きの父親に育てられました。
好奇心旺盛だった母はずっとそこで
魚屋さんの包丁さばきを観て料理を覚えたそうです。

京都の上品な味付けで育った母と
口丹波のちょっと野性的な味を得意とする祖母は
料理の味付けでなにかとキッチンでバトルをくりひろげておりました。
子供心に
「どうか食卓には平和を・・・」を願い
母と祖母の間で右往左往する子供時代を過ごしました。

おかげで
食に関するうんちくはその頃養われ
おくどさんで炊いたお米の味や
おくどさんで蒸したもち米で餅をついたり・・・
もちろんお雑煮の白味噌も自家製です。
素材の持ち味を最大限に活かした
美味しい味を存分に味わって育ちました。
母の手にかかるとどんな食材でも美味しくなっていったので
母はもしかしたら魔法使いだったのではないか?!
と思い返す時があります。

今どきの母親や女性たちは
食事をまるでエンターテイメントのように扱うブロガー
か、または、全く興味がないタイプなど
さまざまですが
加工品ばかり食べさせられて
ホンモノの味を知らず育ってしまう子供たちがいるとすれば
それはちょっと可哀想だな~
と思うことがあります。

それはさておき・・・

さすがにモーリスにご宿泊のお客様は
日本のことをよくご存知でいらして
驚きました。

しかも
実習1 白飯を炊いてみましょう!
実習2 卵焼きにトライしましょう!
すべて難なくクリア!!!

なんと日本人以上にみなさん
だし巻き卵の技術のお上手なことに感動いたしました。
d0380390_23374512.jpg
イベントが終わってからも
日本酒の『玉の光』を燗にしてお召し上がりになられるなど
なんてステキな!
を何度繰り返したことでしょう。

本当にwonderfulでbeautifulでexcitingな夜を
ありがとうございました。

皆様のおかげで美味しいお酒をいただいて、ゆっくり眠ることができたKeikoでございました(笑)

[PR]
by kokoro2017morris | 2018-08-21 23:35 | 今日のモーリス | Comments(0)
五山の送り火が終わり
各町内で地蔵盆などの行事が行われる候となりました。
夜風が心地好いです。
母の入院先は京都市内から車で約1時間半。
そこまで行くと
ついでに海まで行っちゃおうか!って足を延ばしたくなります。
宮津まで行っちゃうとエアコン入れてる車内温度より
外の温度の方が涼しくって驚きました。

…と余談はさておき

今日のモーニングでは
初めての試みとして
ホンモノの「梅干し」を提供させていただきました。
私の知人が奈良県の西吉野村で梅林の山を持っておりまして
そこで採れた梅干しを私は毎年
個人的にとりよせております。
(賀名生は「あのう」と読みます)
d0380390_00410780.jpg
その中から今日は
種を取って「練り梅」の形にして
塩粥に添えて
提供させていただきました。

梅って結構
育て方も繊細で
私も毎年 五條市まで 
梅もぎに通っておりましたが
梅の実が一度でも地面に落ちたものは
決して製品には使いません。
全部処分です。
不衛生だったり、病気になりやすいからです。
農薬も他の梅林の何分の1
ぎりぎり低農薬で育てられた梅の実なのです。

そして梅干しとして一緒に漬け込む
赤しそも完全無農薬で育てたものです。

今どきの
スーパーで販売される梅干しとは
全く違っていて
昔ながらの製法で作られておりますので
それはそれは
『しょっぱい!』です。
でもこれが梅干しに求められた味わいだと
私は思います。

外気の異常な高温と
日常のエアコンで
皆様のお体はずいぶん傷めつけられていることと
思います。

日本古来の食物には
その季節に必要な
エネルギーを与えてくれるチカラがあります。

ぜひモーリスモーニングで
ほっこり
胃腸 労わってさしあげてくださいね。。。

梅林の美しさといったらもう・・・♪
それはステキ!
その季節になりましたら
ぜひ散策なさってみてくださいね。
d0380390_00415829.jpg
梅林で
製品にならない梅を拾ってきて
私は梅酵素を手作りします。

熱処理しない
梅酵素ジュースは
夏バテ知らずの美味しさです。
創り方はとっても簡単!

*梅酵素の作り方*
 梅の重量の1.1倍の砂糖と梅を切り刻んだものを混ぜて
 一週間ただ混ぜるだけ!
 手の常在菌が良い仕事をしてくれて
 一週間もすれば、フツフツと発酵が始まります。
 それを一度濾して梅とジュースに分けてさらに一週間寝かせます。
 それで完成!
 あとはお好みの濃さに水で薄めて飲んでいただければ結構です。

お試しあれ♪
 (濾して残した梅の実は
  非加熱ジャムとして召し上がってくださいね)

Keikoのワンポイントクッキングでした♪

[PR]
by kokoro2017morris | 2018-08-19 00:48 | 季節の風 | Comments(0)
京都モーリスホステル
モーニングビュッフェ
地下二階『パティオ』では
美味しくて
誰もが集えて
楽しくて
ゆったりできる
・・・

そんなモーニングを提供させていただくべく
スタッフ一同
務めさせていただいておりますが

この度の企画は
「夏の夜祭」
と題しまして
バータイムを最大限に楽しんでいただきますことを願って
開催させていただきました。

夏祭りですので
屋台の楽しさを味わっていただくため
*たこ焼き
*焼きそば
は男性スタッフにお任せして
私はもっぱら
居酒屋メニューを厨房内で創作させていただきました。
お出ししたメニューは
*鶏のからあげ
*ササミフライ(味は三種=オーロラソース・フライソース・練り梅シソ巻)
*鶏の照り焼き+カラフルパプリカソテー添え
*肉じゃが
*卵豆腐
*長芋短冊(練り梅&ポン酢味)
*じゃこおろし(なめ茸&ポン酢味)
*オニオンスライス(甘酢かつお味)
*茄子のお浸し(胡麻・山椒・みょうが)
*ご飯(古代米mixバージョン)
etc...

長男の嫁を〇十年務めあげ
仕事から家に帰って20分で5品の総菜を創って
家族に提供するという生活が長かったので
冷蔵庫にある食材で
いろんな料理を手短に作るという作業は慣れておりますが
ここでは量が半端ではありませんでしたので
それはそれは壮絶な厨房内でした。

フライ系は早々に売り切れてしまい
ポテトフライや
オニオンリングフライ
野菜てんぷらなども
急きょ創作しました。

壮絶だった証に
料理写真が一枚も残っていません。(泣)
スタッフ一同
それどころではなかったことは
私もよ~く認識しております。(笑)

などなど…
いろいろと
行き届かない点がございましたが
これも
次回への反省材料として
今後に生かせていただきたいと思っております。

どうぞこれからも京都モーリスホステルを
よろしくお願いいたします。

夜祭の最後に
スイカ割り大会
ありました。
懐かしくって
スタッフとしても
関わらせていただいて
楽しい思い出がまた一つできました。
d0380390_20270123.jpg

たくさんのご来場者様
お越しいただきまして
本当にありがとうございました。


[PR]
by kokoro2017morris | 2018-08-07 23:42 | 今日のモーリス | Comments(0)

今日はモーリス夏祭り

いつも週末、モーニングビュッフェにてお目にかかっております
kitchenのKEIKOです。

8月になりましたね🎵

盆地の京都は
夏暑く
冬寒い

そんな京都に
たくさんの観光客の方にお越しいただけるのは
とてもありがたいことです。

お盆前ではございますが
モーリス夏祭り
本日18時より
開催いたします。

夏の風物詩
屋台の味が出せるかな?

お酒大好きな私が夜にkitchenに入ると
『居酒屋モーリス』になるかもしれませんが

冷蔵庫にある食材
フルに活躍させてみたいと思います。

お泊まり下さってる皆様に
日本の夏を味わって頂けますよう
スタッフ総出で
地下2階
モーリビュッフェにて
お待ちしております。
d0380390_09282626.jpg

お泊まり頂いてない方はどうしたらいいかって?

……


ドリンクオーダーしていただきましたら
参加可能です。

よろしければ🎵


[PR]
by kokoro2017morris | 2018-08-06 09:39 | イベント情報 | Comments(0)
Keikoのクッキングブログにこれまでキッチンのボス
セバスチャンのご紹介をしたことがありませんでしたね。


たいへんお待たせいたしました!
d0380390_22140844.jpg
満を持しての登場です。
彼はとてもシャイでデリケートな方なのですが
キッチンブログを掲載するにあたり
全面的に許可をくれましたし
土日のメニューなども自由に扱わせてくれる とても
許容量の広いボスです。

キッチンでは
パティシエだけあって
ケーキ創りでは他のスタッフとは比較にならないセンスをお持ちです。

キッチンで食材と大暴れした後は
とんでもない散らかりようですが
彼はお掃除も得意なので
最終的にはピカピカに整えます。
散らかす天才+お掃除の天才
なんですね(笑)。

では セバスチャンからのメッセージ
ご覧ください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

ごあいさつフランス語

Bonjour

Je m'appelle Sébastien, j'ai 30 ans (2018juillet). Je fais partie du personnel de l'auberge de kyoto morris.

Quand nous avons commencé à penser àl'auberge, offrir un bon petit déjeuner à nos invités était comme une evidencepour nous.

Nous avons essayé de trouver quelque chose qui pourrait plaire auxinvités, peu importe d'où ils viennent.

Nous voulions également que nos invitésexpérimentent le petit déjeuner japonais.

C'est pourquoi notre petit déjeunerest un mélange de plats occidentaux et de plats japonais.

Nous avons encore denouvelles idées à mettre en œuvre très bientôt.

J'ai travaillé au petit déjeuner del'auberge de Kyoto Morris avec Keiko san pour un peu plus d'un an déjà.

KeikoSan est arrivé comme un rayon de soleil dans la cuisine.

Nous essayons devarier les menus et elle a beaucoup d'idées.

Les plats préparés par Keikos sansont toujours très appréciés par les clients.

Il apporte de nouveaux goûts etarômes au buffet qui en ressort plus emballé et surprenant pour nos clients.

C'est toujours un plaisir de travailleravec elle. Elle est très professionnelle, toujours calme et polie.

Nous nous verrons au petit-déjeuner

Prends soin



ごあいさつ英語

Hello

My name is Sebastien I'm 30 years old(2018July).I'm part of the staff of kyoto morris hostel.

When we started to think about the Hostel,offer a good breakfast to our guest was like an evidence for us.

We tried tofind something wich could please guests no matter where they come from.

We alsowanted our guest to experience japanese breakfast.

This is why our breakfast isa mix of western dishes and japanese dishes.

We still have new ideas toimplement very soon.

I have been working at the Kyoto Morrishostel breakfast with Keiko san for a little over a year already.

Keiko san hasarrived as a ray of sunshine in the kitchen.

We try to vary the menus and shehas many ideas.

The dishes prepared by Keikos san are always very appreciatedby the customers.

It brings new tastes and aromas to the buffet that comes outmore packed and surprising for our customers.

It's always a pleasure to work with her.She is very professional, always calm and polite.

We'll see each other at breakfast

Take care

ごあいさつ日本語

 みなさんはじめまして京都モーリスホステルで働いております。

セバスチャンと申します。

当ホステルをオープンするにあたり、国籍や人種年齢という垣根を越えて美味しい朝食を提供したいと考えていました。

また同時に日本食の美味しさや素晴らしさも同時に伝えたいと思っていました。

現在提供している朝食が和食・洋食をミックスしたスタイルに至ったのもこのような考えがあったからです。

日々新しいアイデアを実践していきよりお客様に喜ばれる朝食を提供したいと努めています。

京都モーリスホステルの朝食会場で恵子さんと働き始めて1年余りが経とうとしております。

地下に位置している当館朝食会場で太陽のような笑顔をふりまいてくれています。

恵子さんは料理に対する知識も豊富で、私たちの朝食に変化や新しい息吹を加えてくれました。

既に恵子さんの料理のファンも多くいらっしゃいます。

共にキッチンで働かせていただき仕事に向きある姿勢や、

誠実で謙虚な人柄には感心すると共に勉強させられる事もたくさんあります。

これからも私、セバスチャン・恵子さんともども京都モーリスホステルをどうぞよろしくお願い致します。

d0380390_22150707.jpg

◆◆◆ 自己紹介 ◆◆◆

d0380390_22564592.jpg

*セバスチャン 森下*

1987926日 フランスで生まれる。

小さいころから料理が好きで、母の手伝いをよくしていた。

フランスの家は森の中で、森からきのこを採取するという幼少期を過ごした。

23歳の時に来日 専門は、製菓。

趣味は、サッカー、テニス、写真。




[PR]
by kokoro2017morris | 2018-08-01 22:57 | セバスチャンからのメッセージ | Comments(0)